どうして買い替えるなら、車検前がいいの?

そろそろ車を買い替えようかな、と考えいてもいつ買い替えるのがお得なのか分からない人や、買い替える時に今乗っている車を下取りに出し、少しでも買い替えの足しになればいいな、と考える方もいると思います。よく乗り替えるのは、車検前がいいと耳にしますが、その理由は一体何なのでしょうか。車検では、車の不具合がないか性能や安全基準はクリアしているかなどを点検し、修理や部品交換を行います。車の状態により想像していたよりも高額な車検額になってしまうこともあり、車検は、新車だと1回目の車検が3年、2回目からは2年ごとにどの車にも車検やってきます。車検前に買い替えるといっても、新車で購入した車を3年後に車検を行なっても車検額はそこまで高額にはならないことが多いですが、年々経つにつれ交換箇所などが増え高額になってしまうため、車を購入し車検前の3年・5年・7年・9年が車の買い替えを考えるポイントの時期になっています。

車検前に乗り換えも考えてみよう!

ある程度の下取り価格を希望するのなら、下取りの査定額は年々下がり人気車でもある場合もピークを過ぎると査定額はガクッと落ちてしまいます。そのため3年もしくは5年で新しい車に買い替える人が多いようです。下取り価格をある程度の金額で新しい車に買い替えたいと考えている人は、早めに買い替えるのをオススメします。もちろん車検額や下取り価格もあなたの車の乗り方によって金額が変わりますので、お得に車を乗りたい場合は日々メンテナスを行い大切に車を扱うといいでしょう。

車検は、車社会の日本においては、重要性を持つ取り組みです。車の安全性をしっかりと確認することになります。