初めてスキーを滑る人を対象にゲレンデを選ぶ場合

スキーツアーはレジャーと共にスポーツでもあります。スキー場は冬山にあるため初ツアーともなれば、嬉しさのあまりスキーを履いていることを忘れてしまいます。また、気温が麓と山頂では、20~30℃の格差があるということも知りません。初心者はスキーのコントロールが出来ませんので、滑り慣れている両親がついていても離れると止めようがありません。家族旅行ともなれば、レジャーとしての楽しみが先行しますが、スキーを楽しむというよりは冬山で家族と一緒に過ごすことを目的に会場を選ぶことです。スキー場には、初心者から上級者コースが掲載されていますので、初めてのツアーでは家族コースがあるゲレンデを選ぶことです。スキーで滑るのではなく、タイヤや橇を用意している会場もあるのです。

初心者はスキー教室のあるツアーを選ぶことです

スキー場にはスキー教室を開いているところがあります。初めてスキーを滑る人がいる場合は、プロの指導を受けるのが一番安心です。スキーはスポーツですから、最初に基本を教えてもらうと上達も早いのです。教室には幼児教室(4歳から)、ジュニアで小学・中学コースもあります。教室にはリスト代が付いているのもあるため、山頂まで上って滑ることもできるようになります。リフトに乗ることは、タイミングが必要で初心者には難しいのです。幼児コースには、おやつ付きというのもありますし、兄弟割引コースもあります。更に、2日間コースでは検定を受けられるようになっているものもあります。初めてのスキーで上達すると、次はダイナミックなゲレンデを選ぶことができます。

スキーツアーの申し込み方は、旅行会社の運営方針によりますが、早いうちから顧客対応の良い依頼先を選ぶことが大事です。